091_WordPress3.6(ワードプレスバージョン3.6)の特徴

前回WordPress3.5の特徴を紹介しました。バージョンごとの違いは見ての通りあまり大きな差はないため、頻繁に更新しなくとも大きな問題はありません。
それではWordPress3.6の特徴の紹介になります。

WordPress3.6は2013年8月1日にリリースされました。

自動保存機能が追加されました。

投稿記事や固定ページを編集する際、自動でバックアップが保存されていきます。
この機能は「リビジョン」と呼ばれており、ネットワークが途切れたり、ブラウザが落ちたときなど、編集した内容が消えてしまうリスクを防いでくれています。
直前まで編集していた内容が自動保存されてるので費やした労力と時間が水の泡になることがなく、安心して記事の編集に集中できるので大変便利な機能です。
 

改訂履歴機能が強化されます。(リビジョン比較)

記事を誰が修正したのかが分かります。記事の比較もできます。
 

投稿ロック

自分が編集するときに、他の編集者に編集させないようにできます。

その他変更点としては

  • ナビゲーションメニューと管理画面/外観/メニューのインターフェイスを改善。
  • メディアライブラリを製作者で並べ替え可能に
  • メディア編集画面での音声やビデオのプレビューに対応。

等があげられます。

いかがでしたか?

次回はWordPress3.7の特徴を紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です