184_サイトの読み込み速度の改善を図るには(まとめ)

サイトの読み込み速度の改善を図るため今までプラグイン『EWWW Image Optimizer』や『BJ Lazy Load』『Autoptimize』を紹介させていただきました。

今回はまとめとして自分のサイトがどれくらい高速化されているか見ることが出来るオンラインサービス「Page Speed Insights」をご紹介します。

 

 

それでは確認していきましょう。

【ウェブページのURLを入力】の部分に自社のURLを入力して【分析】をクリックします。

 


分析が開始されるのでしばらく待ちましょう。

 


その後サイトの点数が表示されます。出来れば80点以上が望ましいですが、様々な要件が絡み達成が不可能な場合もあるのでまずは50点を目指しましょう。

 


ページ下部には更なる改善方法や、その改善方法を実践した画像の圧縮ファイル、CSSファイルなどがダウンロードできたりします。

 

いかがでしたか?

サイトの表示スピードはサイト運営する上で重要ですが、表示スピードを重視しすぎるあまり画像を圧縮しすて画像が粗くなってしまったり、CSSやJavaScriptを圧縮しすぎたことにより解読不可能になってしまったということにならないよう、バランスも大事です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ