142_GoogleMapの地図を記事内に埋め込むには

GoogleMapは今や世界一有名なオンライン地図情報サービスです。

スマートフォンの普及に伴い、以前以上にGoogleMapを埋め込んで置くことは重要になりました。

Mapを埋め込んでおくことで、スマホユーザーはタップするだけでGoogleMapが立ち上がり、
道案内してくれるわけですから入れない手はありません。

私も実際、車を運転する時はスマホでGoogleMapを使用しナビ代わりに使っております。

YouTubeほど簡単ではありませんが、こちらも楽に埋め込むことが出来ますので実際に埋め込み方を確認していきましょう。

042_01
検索エンジンで【Google 地図】と検索すると一番上にGoogleマップが出てくるのでクリックします。

 

42_02
埋め込みたい場所を入力した後、【共有】をクリックします。

 

42_03
【リンクを共有】と【地図を埋め込む】が出てくるので、今回は【地図を埋め込む】をクリックします。

 

42_04
地図を埋め込むためのURLが出てきて、埋め込むサイズも選ぶことが出来ます。

 

42_05
今回は【大】を選択します。

 

42_06
実際に地図も大きくなるので、確認をしたらURLをコピーします。

 

42_07
今回WordPressのエディタは【ビジュアル】ではなく【テキスト】を選択してペーストします。

 

42_08
ペーストした後に【ビジュアル】を見ると地図が埋め込まれているのを確認出来ます。
確認出来たら【更新】または【公開】をクリックします。

 

42_09
GoogleMapを埋め込むことが出来ました。

 

いかがでしょうか?

最初は慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、何回かやればYouTubeと同じ感覚で出来るようになります。
少しでもサイトを利用するお客様が快適に使えるようサイトを磨いていきましょう。