178_投稿したコンテンツを自動的にGoogleの検索エンジンに知らせるには(Google XML Sitemapsプラグイン)

投稿したコンテンツを検索エンジンに認識してもらうためには、「サイトマップ」と言われるものが必要になります。
ですが毎回記事の公開や更新に合わせて「サイトマップ」を手動で編集してアップロードするのは大変な手間になります。

そこで今回はプラグイン「Google XML Sitemaps」をインストールする事により自動的に検索エンジンに知らせることが出来るようになります。

 

それでは確認していきましょう。

【設定】の【xml-sitemap】をクリックします。

 


冒頭の2つにチェックを入れると記事を新しく公開したり、更新する度に検索エンジンのGoogleとBingに通知され、検索エンジンのロボットが更新後のサイトを早く見に来てくれる可能性が高くなります。
さらに3つ目にチェックを入れると、サイトマップの場所を検索エンジンに正確に伝えることができるため親切です。

重要な設定箇所なので全てにチェックを入れておくといいでしょう。

設定が完了したら【設定を更新】をクリックします。

 

いかがでしたか?

このプラグインではそれ以外に更新したページがサイト内でどれだけ重要か検索エンジンに伝えたり、投稿の更新頻度が週いくつなのか、自分のサイトにとって重要なページはどこなのか等の設定をすることができます。
上手く設定をして自社サイトを検索エンジンに最適化していきましょう。