223_GutenbergでTwitterを簡単に挿入するには

前回、前々回と埋め込み系を紹介してきましたが、Gutenbergでは主要なSNSを網羅しており、Twitterなども埋め込むことができます。
新しいSNSが今後流行したとしてもWordPress側もアップデートを続ける限りは対応してくれることが予想できるので安心できますね。


それでは手順を確認していきましょう。
まずは【投稿】の【新規追加】をクリックした後、ブロックの左側にある『+』をクリックします。

その後【埋め込み】をクリックします。

【埋め込み】の中から【Twitter】をクリックします。

Youtubeと同様にURLの入力欄と【埋め込み】ボタンがありますので埋め込みたいTwitterのURLをコピーして貼り付け【埋め込み】ボタンをクリックします。
※TwitterはInstagramと違いアカウントを埋め込むことが可能です。

Twitterアカウントが埋め込まれているのがわかります。

実際の画面を見ても問題なくTwitterアカウントが埋め込まれているのがわかります。

いかがでしたか?
自社サイトと自社のTwitterアカウントを紐づける際の手順は簡単ですが、掲載する箇所については注意が必要です。
サイト訪問者が常に見れる箇所かつサイト内のコンテンツを邪魔しない場所に埋め込むことを考慮すると良いでしょう。