191_編集画面に入らずにサイト内のテキストを変更するには(Front-end Editorプラグイン)

WordPressは標準機能でも十分に記事を管理できますが、ちょっとしたところで「もう少しこうならないかな?」という要望が出てくることも。例えば『記事の複製』が出来なかったり『ドラッグ&ドロップで記事の並び替え』が出来なかったり、きっと思い当たるところがありますよね。

ここで紹介するのは、管理画面に行かずにサイトを閲覧している状態で直接サイトを編集することが出来るプラグイン『Front-end Editor』をご紹介いたします。

 

それでは確認していきましょう。
※プラグインはインストールされている状態で進めていきます。

WordPressにログインしている状態で修正したい記事のページを閲覧し『投稿の編集』をクリックします。

 


普段ですと管理画面へと移りますが、プラグインが有効になっているとその場で編集画面へと移行します。
修正が出来る点については点線で囲われているので修正をしてみます。

 


修正が完了したら下にある『公開』をクリックすることで編集が完了します。

 

いかがでしたか?
このプラグインを導入することで編集画面や実際の画面を行ったり来たりせずに直感的に修正することが出来るのでとても便利ですね。
注意点としては複雑に作りこまれているページですとレイアウト崩れ等が起きる可能性もあるので、注意して保存と公開をするといいでしょう。