216_WordPress5.1について(PHPのエラー回復機能)

WordPress5.1ではPHPのバージョンについて厳密化されましたが、それを補っても余るほどの魅力的な機能も追加されます。
今回は残念ながら実装が間に合わず次回のWordPress5.2に先送りされてしまったのですが、PHPで誤ったプログラムの記述をした場合、完全真っ白なページにならず、下記のような画面が出てくるようになるようです。

 

またプログラムでエラーが出ている状態でも管理画面に入ることができ、何がエラーを引き起こしているのか、原因はプラグインなのか、何行目の記述に問題があるのか診断をして教えてくれるようになります。

この仕様は開発者にとっても嬉しいだけでなく、サイト運営者にとっても『急にサイトが真っ白になった!』とならずに『プラグインのアップデートをしてみたら今こういうエラー文が出てしまっているんですが』と専門の人にもわかりやすく伝えられて、結果として早く復旧しやすくなるメリットがあるので実装が待ち遠しいですね。