213_GutenbergでHTMLを利用するには

Gutenbergが導入され、より簡単な操作でページを作ることが出来るようになりました。
その反面HTMLでの細かい指定がしにくくなって困ってはいませんか?

今回はGutenbergでもHTMLを利用する方法について説明をしていきます。
早速手順を確認していきましょう。

まずは【投稿】の【新規追加】をクリックした後、タイトルと本文を入力します。

文章の上に各種アイコンが出てきますが今回はその他を意味する『…』のアイコンをクリックします。

様々なメニューが出てきますので今回は『HTMLとして編集』をクリックします。


HTMLが使えるようになるので、実際に段落や改行を意味する<p>や<br>を入力していきます。

入力が完了すると、『HTML』と『プレビュー』がつくようになるので、ここで実際にどのように見えるか『プレビュー』をクリックしてみます。

HTMLがしっかり反映されていることがわかりました。

いかがでしたか?

HTMLタグでなければどうしても表現が出来ないという時はこのボタンを使って組み上げることをおすすめします。