207_Gutenbergで文字をリスト化するには

今回はGutenbergを使ってテキストをリスト化する方法を説明していきます。箇条書きや連番処理など、使う機会も多い機能です。

まずは【投稿】の【新規追加】をクリックした後、タイトルと本文を入力します。

文章を入力する上にアイコンが出てくるので、一番左の「q」に似たアイコンをクリックします。

クリックするといくつかのメニューが出てきます。普段は『段落』や『見出し』が選ばれることが多いですが、それ以外にも『リスト』や『詩』『引用』なども選ぶことができます。

今回は『リスト』をクリックしました。

リストでは改行をすると自動的に『・』が付くようになります。

隣のアイコンを押すことで『・』を『1』の数字に変更することも可能です。

いかがでしたか?
一番左のアイコンをクリックすることで、様々な使い分けが可能になります。
次回以降も各種機能を説明していきますので少しずつ覚えていきましょう。