197_新しいエディタの使い方(Gutenbergプラグイン)

2018年9月現在WordPressの最新バージョンは4.9.8ですが、皆さんも最近管理画面にログインした時、上記のような画像が出てきたことはございませんか?

現在WordPressは大規模なバージョンアップ5.0を控えています。5.0から機能面で大きく変わるのは今まで記事の投稿に使っていたエディタで、タイトルの付け方から、文章の入れ方、画像の入れ方などが大幅に変わる予定です。

今まで使っていたエディタは『クラシック』と呼ばれ、5.0以降で使われるエディタが『Gutenberg』と呼ばれます。

今回ご紹介させて頂くのは5.0で標準搭載されるエディタ『Gutenberg』について、プラグインを入れることで一足早く体験する方法についてご紹介いたします。

それでは確認していきましょう。
【プラグイン】から【新規追加】をクリックします。

検索キーワードには『Gutenberg』と入力をして【今すぐインストール】をクリックした後【有効化】をクリックします。

インストールと有効化が完了すると左のメニューに「Gutenberg」がインストールされたのがわかります。

この状態で記事を【新規追加】をクリックするとエディタががらりと変わっているのがわかります。

いかがでしたか?
あまりにも投稿画面が変わっているので戸惑ってしまいますね。次回からはGutenBergの使い方だけでなく、前のエディタに戻す方法についてもご紹介いたしますので安心して一つずつ学んでいきましょう。