月別アーカイブ: 2017年6月

156_ログインパスワードを変更するには

ログインするために必要なパスワードは、ログインした後の管理画面から簡単に変更することができます。

推測されやすいもの、短すぎるもの、よくあるパターンになってしまっているものなどは、すぐに変更したほうがよいでしょう。

それでは早速、確認していきます。

56_01
【ユーザー】にマウスを合わせ【あなたのプロフィール】をクリックします。
または右上のユーザー名にマウスを合わせ【プロフィールを編集】をクリックします。

 

56_02
【新しいパスワード】の【パスワードを生成する】をクリックします。

 

56_03
自動的にパスワードが生成されるので、好きなパスワードに変更します。

 

56_04
新しいパスワードを入力したら【プロフィールを更新】をクリックします。

 

いかがでしたか?

パスワードについては「強力」「普通」「脆弱」「非常に脆弱」がありますが「普通」ぐらいのパスワードにするよう心がけましょう。

 

155_コピー&ペーストで貼り付けた文を「引用文」として表示するには

「引用」とは、ニュースサイトや他のブログなどで興味深い記事を見つけた場合に、これを複製して掲載し、対するコメントや評価をする場合に用いるものが一般的です。

引用そのものは悪いことではありません。しかしネット上では、この引用をする場合に「マナー」があります。そしてこのマナーは「パクリコンテンツ」を防止する観点からも、厳密化されています。

もしこれを忘れてしまったり、故意にパクってしまった場合、トラブルの原因になりかねません(というより絶対にやってはいけません)。

SEO的にみても、「他のサイトに類似している」「パクリなのでは?」と判断され、最悪の場合、ペナルティなんてことにもなりかねません。

今回はGoogleの検索エンジンからも『これは引用文ですよ』と伝えることが出来る方法があるので紹介いたします。

それでは早速、確認していきましょう。

019_001
ダッシュボードの【投稿】から【新規追加】をクリックします。

 

055_01
引用したいテキストを選択し【”】マークをクリックします。

 

055_01
構築した環境にもよりますが引用する部分に印がつくので確認し【更新】または【公開】をクリックします。

 

055_01
文章を引用することができました。

 

いかがでしたか?

この引用は「BLOCKQUOTE」と言われ、引用・転載文であることを示すタグになります。
WordPressであれば該当のボタンを押すだけでBLOCKQUOTEで囲ってくれるので機能を有効活用し、SEO的にも優秀なサイトを目指しましょう。

 

154_WordPressで画像をトリミングして表示するには

「画像のトリミング」とは、写真の必要な部分だけを四角形に切り取ることで、見せたくない部分を取り除いたり正方形に整形したりする機能です。

以前であれば、画像編集ソフトを使わなければ出来ないことでしたが、現在のWordpressは、標準の機能だけを使って、簡単に写真をトリミングすることが出来るようになりました。

簡単な操作ですので、ぜひ覚えてしまいましょう。

053_01
【メディア】にマウスを合わせ【ライブラリ】をクリックします。

 

053_02
編集したい画像にマウスを合わせ【編集】をクリックします。

 

053_03
編集したい画像で間違いなければ【画像を編集】をクリックします。

 

053_05
編集画面になるのでトリミングしたい部分をドラッグし、左上の「#」の形に似たボタンをクリックします。

 

053_06
トリミング後のイメージ画像になるので【保存】をクリックします。

 

いかがでしたか?

動画で紹介した編集方法以外に縦と横の比率を決めて編集出来たり、反転・回転等も出来ます。
編集した画像を元に戻したければ「元の画像を復元」で戻すことも可能です。