月別アーカイブ: 2017年4月

150_ウェブサイトのタイトルを適切に設定するには

WordPressはとてもSEOにフレンドリーであることはご存知だと思いますが、その理由の1つとして、ページのタイトルやMETAタグで綴られるディスクリプション、キーワードの管理がとても便利に行えることです。

どんなサイトなのかを検索エンジンはもちろん、閲覧者にアピールすることができ、魅力的なものに設定して、沢山の人にクリックして貰えるようにしましょう。

050_01

 

それでは設定方法を確認していきましょう。
050_02
まずは【設定】にマウスを合わせて【一般】をクリックします。

 

050_03
サイトの基本的な設定画面になるので【サイトのタイトル】にタイトル名を入力します。

 

050_04
入力をすることで左上のサイト名も変更していることがわかります。

 

050_05
【変更を保存】をクリックすればサイトのタイトルが変わります。

 

いかがでしたか?

【設定】についてはサイトのタイトル以外にも重要な要素が多数含まれているためわからないうち場所は触らないように気をつけましょう。

 

149_ギャラリーを削除するには

WordPressのギャラリー機能、とっても簡単で便利に使えますよね。

ここでは必要のなくなった「ギャラリー」の削除方法を紹介します。

削除はとても簡単です。

048_01
【ギャラリー】が挿入されている記事のビジュアルエディタを選択します。

 

048_05
ギャラリーをクリックすると【鉛筆】と【×】が表示されるので【×】をクリックします。

 

049_01

ギャラリーを削除することが出来ました。

 

いかがでしたか?

誤って削除してしまった場合等考え、バックアップは常にとっておくといいでしょう。
その場であれば「ctrl+z」でも戻すことが出来ます。

 

148_ギャラリー(複数枚並べた画像)を編集するには

前回説明した「ギャラリー」機能は、写真の並び替えもとても簡単です。

ドラッグ&ドロップで直感的に操作が可能で、何度もやり直しが出来ますのでまずは気軽に動かしてみてください。

それでは早速確認していきましょう。

048_01
【ギャラリー】が挿入されている記事のビジュアルエディタを選択します。

 

048_05
ギャラリーをクリックすると【鉛筆】と【×】が表示されるので【鉛筆】をクリックします。

 

048_02
ギャラリーの編集画面へと移るのでドラッグ&ドロップで並び替えたり、不要な画像は【×】をクリックして消去します。

 

048_03
今回は何枚か並び替えをした後に、2枚削除し、【カラム】を3にしています。編集が終わったら【ギャラリーを更新】をクリックします。

 

048_04
ギャラリーを更新することが出来ました。

 

いかがでしたか?

新規でギャラリーを作成する場合も、「ギャラリーの編集」画面を経由しますので、一緒に並び替えることも出来ます。

 

147_WordPressで複数枚画像を並べて表示させるには

写真を複数枚、綺麗に並べて表示したい時に有用な機能がWordPressには最初からついており「ギャラリー」と言います。
画像を1つ1つ挿入し、HTMLやCSSを駆使して・・・といった具合に、配置やコーディングを考える必要なく、誰でも簡単に使える機能です。

それでは早速確認していきましょう。

019_001
【投稿】の【新規追加】をクリックします。

 

044_01
【メディアを追加】をクリックします。

 

047_01
左上にある【ギャラリーを作成】をクリックします。

 

047_02
ギャラリーにしたい画像をクリックで選択していき【ギャラリーを作成】をクリックします。

 

047_03
ギャラリーをクリックした時の【リンク先】や【カラム】表示させる【サイズ】を選択したら【ギャラリーを挿入】をクリックします。

 

047_04
ギャラリーを作成することが出来ました。

 

いかがでしたか?

後々の拡張の為にも、前回説明した「タイトル」や「代替テキスト」なども設定しておくとよいでしょう。

 

146_WordPressで画像に代替文字を設定するには

ホームページで取り扱う写真には、万一うまく表示されなかった場合に文字を替わりに表示する設定が可能です。

これを「代替文字(ALTタグ)」と呼びます。

全ての写真に代替文字を設定することが望ましいのですが、実際にはなかなか大変な作業です。

Googleの検索エンジンロボットはサイト上に表示されている画像がどのような画像か認識出来るようになってきましたが、代替文字を設定しておくことでより正確に伝えることが出来ます。

また設定をしておくことで画像検索された際などに上位に表示されやすくなりSEO的な効果が見込めます。

WordPressでは簡単に代替文字を設定できますので、ぜひお試しください。

 

045_01
【メディア】の【ライブラリ】をクリックします。

 

045_02
現在アップロードされているメディアが一覧で表示されます。

 

046_01
代替テキストを入力したい画像を選択します。

 

046_02
画像の詳細な情報を見ることが出来ます。【代替テキスト】にテキストを入力したら【×】をクリックして閉じます。

 

045_06
画像に代替文字を設定することが出来ました。

 

いかがでしたか?

代替文字は入れなくても問題はないため、ついつい後回しにしてしまいます。その都度入力する癖をつけたいですね。

画像をポイントした時の文字を変更するだけでしたら、「代替テキスト」入力欄の上にある「キャプション」を変更すれば反映されます。

画像の補足的な説明を入れたい場合はこちらを使ってください。