月別アーカイブ: 2017年3月

145_使用していないメディアファイル(画像等)を削除するには

WordPressに写真やPDFのような「メディアファイル」をアップロードするのはとても簡単です。

どんどんアップロードしておいて、必要な時に使って貰うのが便利かと思いますが、サーバ領域を圧迫してしまう側面もありますので、削除方法も知っておくと安心です。

それでは早速確認していきましょう。

045_01
【メディア】の【ライブラリ】をクリックします。

 

045_02
現在アップロードされているメディアが一覧で表示されます。

 

045_03
消去したいメディアを選択します。

 

045_04
メディアの詳細な情報を見ることが出来ます。今回は【完全に削除する】をクリックします。

 

045_05
上記のようなポップアップが出てきます。問題がなければ【OK】をクリックします。

 

045_06
メディアファイルを削除することが出来ました。

 

いかがでしたか?

「メディア > ライブラリ > すべてのメディア > 未添付」を選択した後、「一括操作」等で一斉にファイルを削除すること可能です。

慣れるまでは1つ1つファイルを指定して削除することをオススメしますが、一斉削除は効率よく時短出来ますので、こちらも徐々にトライしてみてください。
※使ってないと思ったファイルを謝って削除してしまうと、その箇所がリンク切れとなってしまいます。ご注意ください。

 

144_WordPressでPDFを配布するには

ホームページを更新していて、PDFを配布したい場面ってありますよね。

WordPressでは、とても簡単な操作だけで、誰でもPDFを配布することが可能です。
(CMS導入前は、PDFを公開するだけでもHTMLの知識が必須でかなり面倒でした・・・)

それでは早速確認していきましょう。
019_001
【投稿】の【新規追加】をクリックします。

 

044_01
【メディアを追加】をクリックします。

 

044_02
画面が切り替わるので【ファイルをアップロード】の【ファイルを選択】をクリックして配布したいPDFを選択するかドロップします。

 

044_03
選択したメディアがアップロードされるので【リンク先】を【メディアファイル】になっていることを確認したら【投稿に挿入】をクリックします。

 

044_04
PDFの挿入はこれで完了ですが【プレビュー】をクリックして確認してみます。

 

044_05
PDFのタイトルが表示されているのでクリックします。

 

044_06
PDFが自動で開きます。

 

いかがでしょうか?

今回はPDFファイルを配布する(リンクをクリックするとPDFが表示される)方法をご紹介しました。
右クリックから「名前をつけて保存」してもらえば配布が出来るのですが、
記事内にPDFファイルを開いた状態で埋め込みたいという時は、前回ご紹介させていただいたSlideshareを活用するのも手です。

143_SlideShareのスライドを共有するには

SlideShare(スライドシェア)は2006年、「オンラインで知識を共有(シェア)する」というシンプルな目的のために立ち上げられました。

プレゼンテーション用スライドを投稿するウェブサイトで、現在は推定月間6000万ユーザーが利用しており、有名なアカウントでは「ホワイトハウス」や「NASA」なども見受けられます。

用途や属性からも、他のSNS(Facebook、Twwiter等)に比べ、特にビジネスパーソンが多いことも特徴です。

今回は、このSlideShareのスライドをWordPressの記事に埋め込む方法をご紹介します。

それでは早速確認していきましょう。
043_03
検索エンジンで【SlideShare】と検索すると一番上に出てくるのでクリックします。

 

043_04
検索窓があるので興味のある単語を入力してみましょう。今回は「WordPress」と入力をします。

 

043_01
WordPressに関連するスライドショーが出てくるので、共有したいスライドショーをクリックします。

 

043_02
スライドショーのページへ移動したらURLをコピーします。

 

019_001
WordPressへと戻り、【投稿】の【新規追加】をクリックします。

 

043_05
【ビジュアル】エディタを選択した状態でコピーしたURLをペーストするだけでSlideShareのスライドを貼る事が出来ます。
実際に【プレビュー】を押して確認してみます。

 

043_06
SlideShareのスライドを共有することが出来ました。

いかがでしょうか?

Youtubeと似ていてとても簡単ですね。共有したいスライドを見つけたら、是非お試しください。