月別アーカイブ: 2016年11月

135_WordPressの固定ページ公開日時を更新するには

WordPressで作成した固定ページを更新したとき、固定ページの更新日時も更新していますか?

固定ページを更新したら、ページ内にある更新日時を変更するだけでなく、ダッシュボードから公開日時を更新したほうが望ましいです。※検索エンジンも公開、更新された日時を意識しており、最新の情報は情報の鮮度の観点からも評価されやすいとされています。

固定ページの公開日時を更新する方法は、

[固定ページ]−[固定ページの一覧]から対象の固定ページ編集画面に遷移して、「公開日時:」にある[編集]をクリックします。

公開日時の変更

公開日時の変更

更新した日時に変更したら、[OK]をクリックして[更新]を押します。

いかがでしょうか?

公開、更新した日時は、閲覧者にとって、知りたい大切な情報です。

忘れずに更新することをオススメします。

134_WordPressの固定ページを削除するには

WordPressを使ったwebサイトでは、大きく2つのページ形式が存在します。

1つ目は投稿型ページ。投稿された記事を時系列で管理する、新着情報やサービス一覧などのページがこれです。

2つ目は固定ページ。情報に変更がない限り動かない、いわゆる静的ページです。会社概要や代表あいさつなどがこれにあたります。

さて、この固定ページが必要なくなり、削除したいときも出てくるかも知れません。

※通常は削除はせず、非表示や下書きといったステータスに変更することが多いようです。

固定ページの削除は、左メニューから[固定ページ]−[固定ページ一覧]から、目的のページを編集モードで開きます。

[公開]にある[ゴミ箱へ移動]をクリックすると削除することができます。

固定ページの削除

固定ページの削除

いかがでしょうか?

削除は簡単に行えますが、リンク外れには注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

132_WordPressで固定ページを作成してサブメニューに配置するには

WordPressの固定ページ同士で「128_カテゴリーに親子関係を指定するには」と同じように親子関係に近い関係性を持たせる事が出来ます。

当サイトで設定はしていないのですが、弊社の公式ホームページで以下のように設定をしているためイメージがつきやすいかもしれません。
032
【WordPressサイト制作】というページがあり、その下に【制作の流れ】や【制作費用一覧】というページがあります。
またこのような表示をさせるため、プラグインの「WP SiteManager」というプラグインを利用しております。

 

それでは確認していきましょう。
028_001
【固定ページ】にマウスを合わせ【新規追加】をクリックします。

 

028_002
投稿同様に固定ページの「タイトル」と「本文」を入力します。

 

032_001
【ページ属性】の【親】を選択して親にしたいページを選択します。

 

028_003
選択が完了したら【公開】をクリックすれば固定ページが作成され、紐づけが完了します。

 

いかがでしたか?

たくさんの子ページにリンクされている親ページはサイトの中の重要なページと認識され、SEO的にも有利に働くため、親メニューになるメニュー名には必ずターゲットになるキーワードを含めるようにしましょう。

あとは子ページについてですが、むやみに量産はせず本当に必要な情報のみを作成・掲載し閲覧者目線で、有益な情報を発信できるといいですね。