月別アーカイブ: 2016年5月

115_Wordで作成した原稿を素早く記事として利用するには(WordPressの投稿機能)

MicrosoftWordで作成した原稿をコピペで利用できるように「ワードから貼り付け」ボタンがWordPressには用意されていました。
昔のバージョンではワードで作成した文書をWordPressの投稿機能にコピー&ペーストするだけではうまく反映されず、よくつまづいところではないかと思います。

ですが、WordPress3.9前後よりなんとコピー&ペーストだけで反映されるようになりました!

念のためではありますが確認していきましょう。

015_001

まずはワードファイルを開きctrl+Aを押して全て選択しctrl+Cを押してコピーします。

015_002

投稿画面を開き「ビジュアルモード」を選びます。「テキストモード」ではうまくコピペが出来ません。

015_003

ctrl+Vを押して貼りつけると完了です。

いかがでしたか?

日に日に進化していくところがWordPressの強みであり、また進化の方向もユーザー目線で進化していくのでこれからもずっと期待がもてますね!

114_特定の人だけが見られるパスワードで保護されたページを作成するには(WordPressの投稿機能)

WordPressには記事毎にパスワードをかけて、パスワードを知っている人にのみ記事を公開することが出来ます。

お得意様だけに見せたい記事や、チラシを見た人だけに配布したいクーポン、先日あったイベントの様子を動画で公開したりなど『特別感』を出す時に利用できます。

それでは確認していきましょう。

014_001

【公開状態】の【編集】をクリックします。

014_002

【公開】【パスワード保護】【非公開】があるので【パスワード保護】をクリックします。

014_003

パスワードを入力します。パスワードは自由に設定出来ますが、
あまりにも安易なものはやめましょう。設定が完了したら【公開】をクリックします。

014_004

実際にアクセスした時の画面になります。パスワードを正しく入力しないと記事を見ることが出来ません。

014_005

正しくパスワードを入力すると記事を見ることが出来ます。

特別感を出す以外にも色々な用途に使えると思いますので、是非活用方法を考え利用してみてください。

113_ビジュアルモードとHTMLモードを切り替えるには(WordPressの投稿機能)

WordPressで記事を投稿する際に、ワープロソフトのように画面の見たまま記事が作成できる「ビジュアル」モードと、HTMLやCSSの知識がある方で、さらに細かい指定ができる「テキスト」モードの2つのモードが用意されています。

日々の更新には「ビジュアルモード」で十分ですが、切り替え方は知っておくと便利です。

それでは確認していきましょう。

013_001

こちらがビジュアルモードです。画像やリンクがあるのがわかります。

013_002

これが「テキストモード」です。

内容的には上記と同じ内容ですが、HTMLで記述されていることがわかると思います。

いかがでしたか?

普段は「ビジュアル」モードで記事を作成することがほとんどですので、HTMLなどの知識が無くとも更新作業そのものには影響ありません。
ですが、細部(行間や表の装飾、画像の代替テキスト等)まで編集したい場合は「テキストモード」が向いています。

HTMLやCSSが直接記述できると、表現の幅が広がります。挑戦してみてはいかがですか。