月別アーカイブ: 2015年12月

100_WordPress3.0系バージョンごとの特徴、総まとめ

今回は今まで紹介してきたWordPressの3.0系のバージョンごとの特徴をダイジェストで紹介します。
迷った時はこの記事を見ていただければと思います。

※4.0系のまとめについては記事を新たに作り移動いたしました。

090_WordPress3.5(ワードプレスバージョン3.5)の特徴

従来と比べセキュリティの強化・画像のアップロードや管理を行うメディアマネージャー画面の変更や利便性、今では当たり前ですが、Shift/Ctrlキーを押しながら複数の画像を挿入が出来るようになりました。

091_WordPress3.6(ワードプレスバージョン3.6)の特徴

自動保存機能が追加されました。投稿記事や固定ページを編集する際、自動でバックアップが保存されていきます。
ネットワークが途切れたり、ブラウザが落ちたときなど、編集した内容が消えてしまうリスクを防いでくれる大変便利な機能ですね。

092_WordPress3.7(ワードプレスバージョン3.7)の特徴

自動更新や強力なパスワードを推奨するようになり、セキュリティ面がより強化されましたが、私にとって何より嬉しかったのはグローバルサポートの強化でした。
自動的に正しい言語ファイルをインストールし、そうした言語ファイルを最新に保つためのサポートが追加されました。私は英語が出来ない人なので今でも助かっています。

093_WordPress3.8(ワードプレスバージョン3.8)の特徴

管理画面が今流行のフラットでレスポンシブなデザインに進化しました。この頃からスマートフォンやタブレット端末をWordPressも意識するようになりました。
現状に慢心せず最新を追いかけ続けることこそが繁栄の秘訣なのかもしれませんね。

094_WordPress3.9(ワードプレスバージョン3.9)の特徴

よりスムーズなメディア編集操作が投稿画面から出来るようになりました。この辺りから段々と投稿画面に力を入れるようになってきた気がします。

どんどん使いやすく、便利になっていくWordPress。これからも私たちはWordPressの大ファンです。

 

099_WordPress4.4(ワードプレスバージョン4.4)の特徴

今回はWordPress4.4の紹介をしていきます。これにてWordPressのバージョンごとの特徴紹介は最後になります。
私がまだ情報を揃えきれておらず、Google翻訳を頼りに情報を集めているため正確とは言えないかもしれませんが、紹介していきたいと思います。

WordPress4.4 は12月8日にリリースされました

画像がレスポンシブを意識するように

投稿画面で画像を挿入して、記事を公開した際にimgタグに自動的に「srcset」タグが追加されて、アクセスしている端末により適正なサイズに変更してくれるみたいです。
これはとてもありがたいですね。

 

Embedがより便利に

以前からYouTube等をWordPressの記事内に張り付ける際はURLを貼るだけで表示できるようになってましたが、4.4からはさらに他のサイトのブログの記事もurlだけで埋め込んで表示ができるようになりました。
ただどんなブログでも大丈夫なのかと言われると、まだ完全には対応をしていないようで参照されるほうもWordPress4.4を使っていないとだめなようです。

 

いかがでしたか?

次回ですが、今まで紹介したWordPressのバージョンごとの特徴をまとめて紹介したいと思います。

098_WordPress4.3(ワードプレスバージョン4.3)の特徴

※WordPress4.3にアップデートするとサイトが重くなることがあるようです。理由がなければ4.3ではなく4.31以上にアップデートしてしまいましょう。

今回はWordPress4.3の紹介をしていきます。
それでは早速見ていきましょう。

WordPress4.3は2015年8月18日にリリースされました。

パスワードを生成してくれるように

管理画面より『ユーザー』→『新規追加』で新規ユーザーを登録する際に “Show password”、プロフィール画面には “Generate password” のボタンが追加されました。
どちらもできることは同じで、強力なパスワードを生成してくれます。ただあまりにも強力(とても複雑)なパスワードになるため、生成したときは、必ず控えておきましょう。

 

Faviconの作成が可能に

ファビコンってそもそも何?と思うかもしれませんが、簡単に言うとサイトのアイコンです。
スマホだとホーム画面のショートカットのアイコンになりますし、パソコンだとブラウザのタブの所に見えるアイコンになります。
当サイトだとこれ→wordpress4.3がファビコンになります。

今まではこのアイコンを画像編集ソフトで作り、htmlに記述する必要がありましたが、今回のアップデートで簡単に設定できるようになりました。
用意するものは、「512×512px以上」のアイコンにしたい画像ファイルだけ。

画像の用意が出来たら管理画面から『外観』→『カスタマイズ』をクリックします。
テーマのカスタマイズ画面が表示されるので、『サイト基本情報』をクリックした後『ファイルを選択』をクリックします。
そうするとファイルアップロード画面が表示されるので、サイトアイコンにしたい画像をアップロードして『選択』します。

※「512×512px」ちょうどの画像サイズでない場合、画像の切り抜き画面が表示されます。少し小さい正方形の画像を選択した場合でも切り抜き画面が表示されます。
『切り抜かない』を選択した場合、最適な画像サイズのアイコンが作成されないので、大抵表示が崩れたものになってしまいます。『画像切り抜き』から最適な画像サイズでアイコンを作成するようにしましょう。

無事画像の選択、切り抜きが出来たら『保存して公開』をクリックしましょう。

いかがでしたか?

次回ですが、なんとここに来てWordPress4.4がリリースされるようです。
ですので次回はWordPress4.4の紹介をしていきたいと思います。