月別アーカイブ: 2015年9月

092_WordPress3.7(ワードプレスバージョン3.7)の特徴

前回WordPress3.6の特徴を紹介しました。現在バージョンは4.3まで出ておりますので、さらっと紹介していきたいと思います。
それではWordPress3.7の特徴の紹介になります。

WordPress3.7は2013年10月23日にリリースされました。

自動更新

バックグラウンドで自動的にアップデートプログラムを適用します。
アップデート処理は、新しいチェック方法と予防対策で、より一層信頼性と安全性が増したとのことです。
アップデートしてくれるのは主にコアファイル・プラグイン・テーマ・翻訳ファイルとのことです。

強力なパスワードを推奨するように

パスワードが大事なのは皆さんご存知の通り。可能ならば複雑で長く、そして個性的なパスワードを作成するのが最善です。WordPress 3.7 ではパスワードメーターがアップデートされ、パスワードの強度を弱める一般的なミス -日付、名前、キーボードパターン(123456789)、さらには大衆文化(最近の流行)への参照さえも識別し強弱を判断するようになりました。

グローバルサポートの強化

WordPress 3.7では、より速く、より完全な翻訳を受け取れるようになりました。自動的に正しい言語ファイルをインストールし、そうした言語ファイルを最新に保つためのサポートが追加されました。英語以外の言語で WordPress を使用する何百万人のものユーザーにとっては朗報となりました。

いかがでしたか?

次回はWordPress3.8の特徴を紹介します。

091_WordPress3.6(ワードプレスバージョン3.6)の特徴

前回WordPress3.5の特徴を紹介しました。バージョンごとの違いは見ての通りあまり大きな差はないため、頻繁に更新しなくとも大きな問題はありません。
それではWordPress3.6の特徴の紹介になります。

WordPress3.6は2013年8月1日にリリースされました。

自動保存機能が追加されました。

投稿記事や固定ページを編集する際、自動でバックアップが保存されていきます。
この機能は「リビジョン」と呼ばれており、ネットワークが途切れたり、ブラウザが落ちたときなど、編集した内容が消えてしまうリスクを防いでくれています。
直前まで編集していた内容が自動保存されてるので費やした労力と時間が水の泡になることがなく、安心して記事の編集に集中できるので大変便利な機能です。
 

改訂履歴機能が強化されます。(リビジョン比較)

記事を誰が修正したのかが分かります。記事の比較もできます。
 

投稿ロック

自分が編集するときに、他の編集者に編集させないようにできます。

その他変更点としては

  • ナビゲーションメニューと管理画面/外観/メニューのインターフェイスを改善。
  • メディアライブラリを製作者で並べ替え可能に
  • メディア編集画面での音声やビデオのプレビューに対応。

等があげられます。

いかがでしたか?

次回はWordPress3.7の特徴を紹介します。

090_WordPress3.5(ワードプレスバージョン3.5)の特徴

今回からWordPressのバージョンごとの特徴を紹介したいと思います。
まずはWordPress3.5の特徴からになります。

WordPress3.5は2012年12月11日にリリースされました。

セキュリティ面が強化され、より安全に使えるようになりました。
機能面では画像のアップロードや管理を行うメディアマネージャー画面に変更がありました。
ドラッグ&ドロップでの並び替えやインラインでのキャプション編集などを利用して、迅速にギャラリーを作成できるようになりました。また、Shift/Ctrlキーを押しながら画像をクリックすることで複数の画像を挿入できるようになりました。

その他変更点としては

  • 管理画面改善
  • 新ウェルカム画面
  • 管理画面の新しいカラーピッカーなどを含めた改善
  • スクリーンリーダー、タッチデバイス、キーボードユーザー向けのアクセシビリティを向上

等があげられます。

いかがでしたか?

次回はWordPress3.6の特徴を紹介します。

089_WordPress(ワードプレス)の特徴とは?

『WordPressって何?』
そう聞かれたら皆さんは何と答えますか?

WordPressを使ってはいるけど、そもそもあまりWordPressを知らないという方向けへの記事になります。
文章ばかりの記事になってしまいますが、お許しいただければと思います。

そもそもWorpPressとは

CMSと呼ばれるソフトウェアの1つです。

CMS?ソフトウェア?

専門用語ばかりで参ってしまいますね。
CMSとはコンテンツ・マネジメント・システムと言い、Webコンテンツ(映像・画像・文章など)の管理を行えるシステムのことを言います。
Webサイトを構築するには、HTMLやCSSといった言語でレイアウトや装飾を記述し、ページ間にリンクを設定するなど専門的な知識が必要になります。CMSを導入することで上記の課程を省く事が出来、比較的誰でもサイトを構築・編集することが出来るようになります。

ソフトウェアとはWordやExcelといったパソコン上のソフトのことを言います。

つまりWordPressとは簡単にWebサイトを構築・編集することが出来るソフトです。

何故Wordpressが人気なのか?

Webサイトを管理出来るCMSはWordPress以外にもたくさんあります。
ですが現在圧倒的にWordPressがCMSのシェアを占めています。

人気になった理由としていくつかありますが、まずは【無料】というのが大きな要素の一つです。
無料なのでとりあえず使ってみようというユーザーが生まれます。そして使ったユーザーがこのCMSをより素晴らしいものに出来ないかと考え、改善をします。改善のされ方もユーザー目線で機能改善がされるので、満足度を高めやすい要因の一つになりました。

そして無料なのに素晴らしいソフトだ!と人が更に集まり改善されていき更に利用者が増え改善され・・・と素晴らしいスパイラルが出来上がっていったのです。

いかがでしたか?

次回はWordPressのバージョンごとの特徴を紹介していきたいと思います。