月別アーカイブ: 2014年11月

061_各ページごとのキーワード(Keywords)を設定するには

前回「058_サイトのキーワードを適切に設定するには」で紹介した内容を各ページごとで設定する方法です。

それでは早速、動画で確認していきます。

いかがでしたか?

記事を書く際、キーワードを選定してから着手するとよいそうです。

ここで抽出したキーワードを記載するだけですので、ついでにやっておきましょう。

 

060_各ページごとのディスクリプション(Description)を設定するには

WordPressでは各ページごとにディスクリプションを簡単に設定できます。

ここで紹介する各ページごとのディスクリプションは、検索結果に表示される「スニペット」と呼ばれる部分に
採用されやすい部分になります。

スニペットは、検索結果の一覧の画面で、タイトルの下にある説明文のようなものです。

ここ重要なの?と思われる方もいらっしゃるかも知れません。ですが、みなさん無意識にスニペットを読んで
から、そのサイトを見る価値があるか判断されていませんか?

ディスクリプション(スニペット)は、最も初めに露出するSEOとも言われます。
ここも手を抜かずに、しっかりと設定しておきたいですね。

それでは早速、動画で確認していきましょう。

いかがでしたか?

こちらで指定したディスクリプションがスニペットとしてそのまま採用されるかどうかは分かりませんが、
設定しないと、本文から適当な部分が抜き出されて設定されてしまうこともあります。

また本文とはかけ離れた内容を設定してはいけません。

そのページに書かれた重要なポイントを、130文字以内にまとめて記述するようにしてください。

 

 

059_各ページごとのタイトル(TITLE)を設定するには

前回「056_サイトのタイトルを適切に設定するには」で紹介した内容を各ページごとで設定する方法になります。
※これから紹介する060.061の記事も「Headspace2」を導入していることが前提となります。

検索エンジンを使って探しものをしているとき、サイトのTOPページではなく、直接対象のページに着地することが多いと思います。

このことからも分かるとおり、すでにTOPページだけでSEOを施策しても効果が薄いことがわかると思います。

そのページには何が書いてあるのか?をタイトルにしっかり明示することが、SEOではとても重要なことになります。

それでは早速、動画で確認していきましょう。

いかがでしたか?

HeadSpaceに設定しなかった場合は、記事のタイトルがそのままTITLEとして設定されるようになっているテーマがほとんどです。

可能であれば、1つ1つ見直すくらい余裕をもって取り組めるといいでしょう。