月別アーカイブ: 2014年7月

049_写真にポイントしたときに表示される代替文字を変更するには

ホームページで取り扱う写真には、万一うまく表示されなかった場合に、文字を替わりに表示する設定が可能です。

これを「代替文字(ALTタグ)」と呼びます。

全ての写真に代替文字を設定することが望ましいのですが、実際にはなかなか大変な作業です。

とはいえ、検索エンジンは写真を正しく判定することが出来ませんので、代替文字を入れておくことで正確に認識させ、若干ではありますがSEO的にも有利に働いてくれます。

それでは早速、動画で確認していきましょう。

いかがでしたか?

代替文字は入れなくても問題はないため、ついつい後回しにしてしまいます。その都度入力する癖をつけたいですね。

画像をポイントした時の文字を変更するだけでしたら、「代替テキスト」入力欄の上にある「タイトル」を変更すれば反映されます。

画像の補足的な説明を入れたい場合はこちらを使ってください。

 

 

048_使用していないメディアファイル(写真など)を削除するには

WordPressは写真やPDFなどといった「メディアファイル」をアップロードするのはとても簡単です。

いずれ使うだろうと思い、どしどしファイルをアップロードしてしまいがちなのですが、これでは限りあるサーバの容量を圧迫してしまいます。

今回は、使用していない不要な「メディアファイル」を削除する方法についてご紹介します。

それでは早速、動画で確認していきましょう。

いかがでしたか?

「メディア > ライブラリ > 未使用」を選択した後、「一括操作」等で一斉にファイルを削除すること可能です。

慣れるまでは1つ1つファイルを指定して削除することをオススメしますが、一斉削除は効率よく時短出来ますので、こちらも徐々にトライしてみてください。
※使ってないと思ったファイルを謝って削除してしまうと、その箇所がリンク切れとなってしまいます。ご注意ください。

 

047_WordPressでPDFファイルを配布するには

PDFファイルは、インターネット上で文書を閲覧、配布するために使われる、最もポピュラーなファイル形式です。

ホームページ上で文書を配布したい場面は比較的多く、WordPressなどのCMSが流行るまえは、HTMLの知識が最低限必要で、少々骨の折れるややこしい作業が必要でした。

WordPressでは対象のPDFをアップロードし、これを指定するだけで簡単に配布することが出来ます。

それでは早速、動画で確認していきましょう。

いかがでしたか?

今回はPDFのリンクを記事内に埋め込む方法(リンクをクリックするとPDFがダウンロードされる)をご紹介しました。

これとは異なり、記事内にPDFファイルを開いた状態で埋め込みたい場合は、Slideshareを活用するのも手です。

046_SlideShareのスライドを記事内に埋め込むには」で紹介している動画をご覧ください。