月別アーカイブ: 2013年12月

029_カテゴリーを削除するには

WordPressの作成したカテゴリーを削除する方法についてご紹介します。

カテゴリーの作成をマスターすると、将来も見越して準備する傾向があるように思います。

すると結局使わないカテゴリーが存在してしまったり、複数のカテゴリーをまとめたほうが良い
ようなケースもあると思います。

カテゴリーの削除は操作自体とても簡単ですので、一度だけさらっと流し見しておいてください。

それでは早速、動画で確認していきましょう。

いかがでしたか?

カテゴリーの削除は、そのカテゴリ内に記事が1つも所属してないことが前提になりますので、所属していた記事は他のカテゴリーに移すなどしてから行うようにしましょう。

028_カテゴリーに親子関係を指定するには

WordPressで追加したカテゴリーには、さらにそのカテゴリーの下にカテゴリーを作ることが可能です。

これを一般的には「カテゴリーに親子関係を持たせる」などと呼ひます。

ここでは上位のカテゴリー(親カテゴリー)として「イベント」を作成し、その下に下位のカテゴリー(子カテゴリー)として「大宮校」を設定してみます。

このように親子関係を設定する事により、大宮校のイベント、さいたま校のイベントといったように、同じ「イベント」カテゴリーに所属する投稿記事を、すっきりとまとめて、必要な情報だけを見てもらえるように設計することが可能です。

それでは早速、動画で確認していきましょう。

いかがでしたか?

親子関係を作るには、未来を想定したイメージで作るのではなく、すでにある投稿一覧を見ながら作成すると、失敗が少なく閲覧者にとっても見やすく分かりやすいカテゴリ分けができると思います。

慣れるまではカテゴリーを大きく意識せず、閲覧者にとって喜ばれる投稿記事をどんどん公開し、後からカテゴリ分けしていく順序をオススメします。

027_作成したカテゴリーを表示するには

WordPressでカテゴリーを作成する方法は「026_カテゴリーを新規に作成するには」でご紹介しました。

「カテゴリー」は作成しただけではサイト上に表示されません。

表示するには大きく、次の3つのステップを踏む必要があります。

1.カテゴリーを作成する

2.カテゴリーを表示するため「ウィジェット」を配置する

3.カテゴリーに記事を追加する

※すでにカテゴリーがウィジェットに配置されている場合は「2」を省略できます。※カテゴリーには最低1つ以上の記事が登録されている必要があります。1つも記事が存在しない場合、そのカテゴリーは表示されません。

それでは早速、動画で確認していきましょう。

いかがでしたか?

カテゴリーは、数多くの投稿(記事)をまとめるために最適な機能です。

読み手に対し、同じカテゴリー内の投稿をまとめて紹介できるため、サイトの滞在時間を延ばすことも期待できます。

様々なジャンルがごちゃまぜになってしまっているようであれば、カテゴリー化を検討してみませんか?